スポンサーサイト

2017.01.05 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    TATRAS タトラス Rライン 待望のN3-B瓠ΑΑΔ隆 

    2015.10.26 Monday

    0
      こんばんは。
      高浦です。

      今日の最低気温は名古屋でも。
      8度。
      出勤時。
      爐気爐鱈瓩醗豸澄

      防寒を探すにもちょうど、良い時期ですね。
      すでに今年の爐すすめ瓩鬟殴奪箸気譴進々も。
      大事に大事にご愛着ください。

      そうなんです。
      先週の金曜日から
      タトラスのラインナップを名古屋・栄地区では1番揃えた
      フェアを開催しています。

      今回のラインナップも非常にモード感あってかっこいいです。


      でも、もうすでに1着もっているなって今年のを悩まれている方々も。
      欲しくなるような1着!!

      爐款匆陲靴泙広

      “良い”と思えるダウンにはなにか理由があります。
      何かが詰まっているのが
      TATRAS
       

      今シーズンは特に
      スポーツMIX,ミリタリーMIXIがトレンドのポイントなってきている中、

      TATRASの“Rライン”から。





      素材感とデザイン性を追及したダウンコート。

      しかも待望の“N3-B”

      カジュアルすぎず、“リッチ”な雰囲気。

      ボリューム感あるファー。




       

        とタトラス独自のナイロン素材で


      ダウンやコートにはなかった、ラグジュアリー感を出します。

      雑誌掲載のように。

      Safari 11月に掲載

       
      きれいめな感じにミリタリー感出してあげてもいいですし。



       

      ダブつき感もなく、タイトに着て頂けます。
      スポーティにも。
      ミリタリーにも。
      そしてビジネスにも。

      非常にかっこいいです。

      素材感としても
      タトラスのナイロン素材は独自のナイロン素材を採用していて、
      軽さと耐久性に優れています。

      またダウンに関しても、水鳥の胸元のダウンボールを使用していて、
      通常のダウンに比べて保温性に優れ、軽く柔らかいダウンになります。

      ダウンは保温性が1番のポイントなりますが、
      ダウンの反発力がベースとなってきます。

      その数値は“フィルパワー”として計られていて、
      通常は500なんですが、タトラスは非常に高い“800”となっています。
      ダウンとしてお墨付きです。

      TATRAS FAIRでの
      ご来店を心よりお待ちしています。
      -------------------------------------
      今回ご紹介のモデルは・・・
      TATRAS タトラス
      Rライン
      PETRONIO
      16a4319
      “N3-B”
      ダウンコート
      サイズ:1・2・3・4


      カラー展開:ネイビー・ベージュ
      価格:140,400円(込)


      ネット通販でもご覧いただけます。

      ↓ ↓
       


      ================
      CHECK!

      雑学・スタイリング・モテるコツ?
      何でもありファッションコンテンツ

      知らなきゃ損する情報もたくさん・・
      <メンズファッションスタイルラボ>
      ================
      OCTET nagoya
      名古屋市中村区名駅3-8-6
      TEL:052-561-1544

      Mail:octet@deradrea.com
      Net shop:http://www.deradera.co.jp/
      Facebook:https://www.facebook.com/Octetnagoya
      Instagram:
      https://instagram.com/deradera_octetnagoya/
        

      スポンサーサイト

      2017.01.05 Thursday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL